脱毛サロンイメージ
HOME > 水着がきっかけで脱毛を決意

水着がきっかけで脱毛を決意

先日、運動不足を解消するためジムに入会しました。もともとは、スタジオで行うエアロビクスや、筋トレ目当てで入ったので、そんな気はなかったのですが、そのジムには大きなプールがあり、初心者教室などもあるようだったので、せっかくだからと水泳も習ってみることにしました。

それにはもちろん水着が必要になります。60を過ぎたようなオバちゃんたちは、ガードルのような長さのズボン型の水着や、袖がついている水着などを着ていましたが、私はまだそんな年ではないし、同年代くらいの女性は皆、普通の競泳用の水着を着ていたので、私もそれに倣って同じようなものをチョイス。そのとき気になったのがビキニラインの毛でした。

脇は既に永久脱毛が終わっているのでなにも問題はないのですが、ビキニライン、あとはIラインと呼ばれる場所。そこはきちんと処理をしていないと、プールから上がるために足を上げたときなど、毛がはみ出てしまったら恥ずかしいよなあと…。

毎回、電動カミソリで剃ることも考えましたが、それはちょっと面倒だし肌も荒れる。なにより剃った後の短い毛って以外と水着からツンツンと顔を出しやすいんですよね。それなら脱毛したほうが、ちょっとお金はかかるけど楽だし安心だと思い、久しぶりに脱毛サロンに行ってみようかなと思い立ちました。

そして不思議なもので、下の毛の脱毛をし始めると、今まで気にならなかった腕や脚の毛も気になりだし、結局は全身脱毛のコースを契約することになってしまいました。女の欲望とは果てしないものですね。

▲ページトップに戻る